会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部 Aizu Fire Department
各種講習
救急講習会
市民救急講座
甲種防火管理新規講習
甲種防火管理再講習
危険物取扱者講習会

休日・夜間の急病
 夜間急病センター 
電話:0242-28-1199
場所:会津若松市山鹿町1-22
(謹教コミュニティーセンター)
診療科目:内科、小児科
診療時間:19:00~
受付時間:18:30~22:30
    休日当番医

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中、当消防本部においては、感染拡大防止の観点から、長い期間救急講習会開催を見合わせる等の方針を示しており、受講を希望されていた皆さまに大変ご不便をおかけしておりました。

新型コロナウイルス感染症については、今後も中長期的に続くと予想されます。当消防本部としましては、救急講習の開催方法について検討し、受講を希望される皆さまに分かりやすい開催・中止基準を策定し運用することといたしました。感染拡大状況により、制限を設けた開催、中止等、下記の内容により開催することといたしました。制限を設けた講習については、「新しい生活様式」に基づいた方法での開催としております。ウイルスは目に見えない敵であり、状況によっては開催基準のとおり急遽中止とする場合がございます。感染防止の観点からご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

 

【講習会を制限付きで開催する又は中止する基準】

 制限付き開催:国内で緊急事態宣言が発令された又は集団感染が認められた、隣県等で感染拡大傾向が認められる、県内で感染者が認められる等

中止:国内で爆発的感染拡大が認められる、県内に緊急事態宣言が発令された、県内の多くの地域で集団感染が認められる、圏域内で同時に複数の集団感染が認められる等

 

 救急講習会


「助かる命を助けるために」

救急講習会に参加して応急手当の知識と技術を身につけましょう。

講習の種類 講習
時間
講習内容 修了証の
交付
救命入門
コース
90分 ・応急手当の重要性
・心肺蘇生法
 (主に成人に対する胸骨圧迫とAEDの使用法)
普通救命講習
180分 ・応急手当の重要性
・心肺蘇生法
 (主に成人に対する胸骨圧迫、AEDの使用法、異物除去)
・止血法
あり
普通救命講習
II
240分 ・応急手当の重要性
・心肺蘇生法
 (主に成人に対する胸骨圧迫、AEDの使用法、異物除去)
・止血法
・心肺蘇生法に関する筆記・実技試験
※業務の内容や活動領域の性格から一定の頻度で心停止者に
  対し応急の対応をすることが期待、想定される者を対象
あり
普通救命講習
III
180分 ・応急手当の重要性
・心肺蘇生法
 (主に小児・乳児に対する胸骨圧迫、AEDの使用法、異物除去)
・止血法
あり
e-ラーニング
実技講習
120分 ・応急手当WEB講習「e-ラーニング」(60分)を修了した者を対象
 に主に成人を対象とした、心肺蘇生法、AEDの使用法、異物除
 去、止血法
あり

 応急手当講習受講申込書


 

  「応急手当WEB講習(e-ラーニング)」(60分)を修了することによりe-ラーニング実技講習の
 受講が可能となります。

応急手当WEB講習(e-ラーニング)とは、普通救命講習 I (180分)の場合、事前にインターネットで救命講習の座学部分(60分)を受講した後、消防機関で開催される実技を中心とした講習(120分)を受講すると、普通救命講習 I 修了と認定されるものです。

受講の流れ
応急手当WEB講習の受講
(e-ラーニング)
応急手当WEB講習(e-ラーニング)をクリックしホームページで救急講習の座学(60分)
修了証の発行 応急手当WEB講習受講後のテストで基準点以上の点数を取ることが出来れば受講証明書が発行できます。受講修了証に自筆で氏名を記入してください。
普通救命講習の受講 応急手当WEB講習受講証明書を持参し普通救命講習を受講すると、3時間の講習を2時間に短縮して受講することが出来ます。
備考 応急手当WEB講習受講証明書の再発行は出来ませんので、紛失しないよう注意してください。

※心肺蘇生法にかかる基準は、5年ごとに見直されており、各講習会を受講された方は、知
   識と技術の維持のため2年から3年の間隔で定期的な再講習を行うこととされています。

【制限付き開催時の講習会種類】

①救命入門コース(90分)

応急手当の必要性(座学)

心肺蘇生法(実技)

(※人工呼吸の指導は、指導者の展示又はDVD等の映像を活用した説明のみとさせていただきます。)

AEDの使用方法(実技)

異物除去(実技)

②普通救命講習Ⅰ(主に成人に対する講習です)

応急手当の重要性(座学)

心肺蘇生法(実技)

(※人工呼吸の指導は、指導者の展示又はDVD等の映像を活用した説明のみとさせていただきます。)

AEDの使用方法(実技)

大出血時の止血法(実技)

異物除去(実技)

※講習時間を短縮するため、可能な限りe‐ラーニング(応急手当Web講習)受講をお願いいたします。

③普通救命講習Ⅲ(主に小児・乳児に対する講習です)

応急手当の重要性(座学)

心肺蘇生法(実技)

(※人工呼吸の指導は、指導者の展示又はDVD等の映像を活用した説明のみとさせていただきます。)

AEDの使用方法(実技)

大出血時の止血法(実技)

異物除去(実技)

③短時間の救急講習会(60分)

心肺蘇生法やAED使用方法、救急に関すること等、要望に応じて実施する講習会です。

 【制限付き開催時の注意事項】

1・発熱、咳、倦怠感、味覚・嗅覚障害等の症状がある場合、受講日から過去2週間以内に発熱の症状があった又は新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある場合は受講をご遠慮いただきます。

2・庁舎に入る前に検温をさせていただきます。

※検温の結果、体温が37.5度以上の場合、受講をご遠慮させていただきます。

3・マスク着用必須としますのでご持参ください。・

4・講習前後に手洗い・アルコール消毒液による手指消毒をお願いします。

5.受講者同士の間隔を2メートル、最低でも1メートル以上空けることをお願いします。

6・受講人数は最大10名と制限させていただきます。

7・人工呼吸の実技がある場合は、指導者の展示又はDVD等の映像を活用した説明のみとさせていただきます。

8・窓を定期的又は継続的に開放し換気することをご了承ください。

9・普通救命講習Ⅰの座学(60分)は可能な限り応急手当WEB講習※(e‐ラーニング)上で受講とし、会   場での受講時間を短縮することにご協力ください。(会場での受講時間2時間)

10・応急手当普及員の方が講習会を実施する場合には、こちらのチェックリストを参考に感染拡大の   防止に務めてください。 

【普通救命講習等の資格更新が必要な方へ】

普通救命講習等の開催中止期間中に有効期限が満了する「普通救命講習修了証」及び「応急手当普及員認定証」については、更新期限を延長するなどの措置を行います。更新が必要な方は下記の消防署へお問い合わせください。


 お問い合わせ、申し込みは最寄りの消防署までお願いします。

お問い合わせ・申し込み先
 会津若松消防署  救急係  TEL:0242-25-1201
 猪苗代消防署  警防救急係  TEL:0242-62-4433
 会津坂下消防署  警防救急係  TEL:0242-84-2119
 会津美里消防署  警防救急係  TEL:0242-54-3934
 
会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部
〒965-0131 福島県会津若松市北会津町中荒井字諏訪前11
TEL:0242-59-1400  E‐mail:fd.kikaku@119-aizu.jp
FAX:0242-59-1405
  
Copyright(c)2014 Aizu Fire Department.All Rights Reserved.